2016/09/20

ピラティスメソッド


nadaが考えるピラティス・メソッド

ー姿勢を整えると呼吸が整う、呼吸が整うと心が整う。ー

20世紀初頭、ドイツ人看護士ジョセフ・H・ピラティス氏によって考案されたピラティス・メソッド。
元々は、第一次世界大戦時の負傷兵のリハビリのために開発されたものです。
その後、ヨガや太極拳、ジャイロトニック等のエッセンスが取り入れられブラッシュアップされたエクササイズは、怪我の改善や予防だけではなく、ダンサーやアスリートのパフォーマンス向上としても注目され、最近ではダイエットやアンチエイジングのためのエクササイズとしても世界中で人気があります。

「体、頭、精神が完全に調和して、一つのものとして働いていれば、その人は間違いなく、活動的で用心深く、自制心を備えていると考えられる。さらに神経の緊張と過剰な疲労から解放された体は、現代の生活につきものの複雑な問題にうまく対処できる、バランスのとれた頭脳が宿るための理想的な容れものである。」
ージョセフ・H・ピラティスー

「Work Out」 ではなく 「Work In」 という意識。
エネルギーの放出ではなくエネルギーの蓄積を感じること。
自分の中に意識を傾け、呼吸と筋肉の動きをひとつひとつコントロールすることで脳を活性化し、身体を芯から強くしていくピラティス。
姿勢、呼吸、心を整える「座禅」の理念に通じるところがあると考えています。
自分の内側に集中しつつ、世界との繋がりを感じていく。
心と身体、そして精神を調和させ、日々の生活をこなすための健やかで美しい身体を手に入れることを目的とし、nadaではピラティス・メソッドを取り入れています。

〜期待できる効果〜
●姿勢・身体の歪み改善

●肩凝・腰痛の改善緩和
●肩凝・姿勢が原因による頭痛の改善緩和

●冷え性・むくみの改善緩和
●便秘解消・デトックス(内蔵機能回復)
●ダイエット・アンチエイジング(基礎代謝を高める)
●ボディーラインの引き締め
●疲労回復

●脳の活性化
●抗うつ(心の活性化、精神力向上)